【ヨルシカ】「ただ君に晴れ」考察してみた | 歌詞の意味,解釈も

【ヨルシカ】「ただ君に晴れ」考察してみた | 歌詞の意味,解釈も

こんにちは。「ボカロPまとめ」のkowakaです。
この記事では、ヨルシカ「ただ君に晴れ」の歌詞の考察を紹介します。

「ボカロPまとめ」 kowaka

「ただ君に晴れって良い曲だけど、歌詞の意味がイマイチわからない…」

「ただ君に晴れはTikTokで聴いたことがあるけど、誰の曲なんだろう?」なんて悩む人も多いですよね。

 

そこでこの記事では、「ただ君に晴れ」の歌詞の考察を紹介します。

合わせて、「ただ君に晴れ」歌ってみたおすすめ3選も紹介します。

この記事を読めば、歌詞の意味が理解でき、より楽しみながら「ただ君に晴れ」を聞くことができます。

「ただ君に晴れの歌詞の意味を知って、ヨルシカの曲をもっと好きになりたい!」そんな人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「ただ君に晴れ」は、ヨルシカの2ndアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録されています。

「ただ君に晴れ」以外のヨルシカの曲も聴いてみてくださいね。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

「ただ君に晴れ」とは

初めに、「ただ君に晴れ」とはどんな曲なのかを簡単に解説しますね。

「ボカロPまとめ」 kowaka

「ただ君に晴れ」は、ヨルシカが2018年5月9日に発売した2ndアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録されている楽曲です。

夏をテーマとした楽曲で、PVには海や砂浜、そして夏の星空をイメージさせる女の子が登場します。

また歌詞に「君のポケットに夜が咲く(=君に関する記憶が薄れていく)」とあるように、PVに出てくる女の子の表情は見えなくなっています。

夏の匂いを嗅ぐたびに、君と一緒に遊んだ記憶や、君へ抱いていた感情を思い出す、そんな楽曲が「ただ君に晴れ」です。

さて「ただ君に晴れ」について簡単に理解できましたね。
次は本題の「ただ君に晴れ」の歌詞の考察を紹介していきます。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

「ただ君に晴れ」歌詞を考察してみた

「ただ君に晴れ」の歌詞は、以下の5パートに分かれています。

「ボカロPまとめ」 kowaka

「ただ君に晴れ」歌詞を考察してみた
  • パート①:君のことを突然忘れてしまった
  • シーン②:君のことは忘れていない、と思いたい
  • シーン③:君のことを何度も思い出す
  • シーン④:君のことを忘れたいのに、忘れられない
  • シーン⑤:君の記憶と一緒にいる

それでは、「ただ君に晴れ」歌詞の考察を紹介していきますね。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

パート①:君のことを突然忘れてしまった

夜に浮かんでいた
海月のような月が爆ぜた
バス停の背を覗けば
あの夏の君が頭にいる

だけ

ヨルシカ「ただ君に晴れ」より引用

夜になるといつも必ず思い出していた君のことを、ある日突然忘れてしまった。
バス停の裏を見ると、あの夏、一緒に遊んだこと君の姿を思い出す。
ただ、それだけ。

「爆ぜた」という強めな表現から、今まではずっと覚えていた君のことを、突然忘れてしまったことが表現されています。
どれだけ大切に思っていたことでも、時間が経つとともに、気づけば忘れてしまうものですよね。

ちなみに海月(クラゲ)は、夏が過ぎたお盆の時期を指す季語です。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる
大人になるまでほら、背伸びしたままで

遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう
じきに夏が暮れても
きっときっと覚えてるから

ヨルシカ「ただ君に晴れ」より引用

鳥居や乾いた雲が、夏を感じさせる。
大人の真似事をして、二人でたくさん遊んだなぁ。

遊び疲れたら、バス停裏で休んで空でも見よう。
もうすぐ秋になるけど、君との思い出は絶対に忘れないから。

君と主人公が夏に遊んだ場面が描写されていますね。
ここでポイントなのは「夏が暮れても、きっと覚えてるから」という気持ちは「海月のような月が爆ぜた」と対照的な点です。
「忘れたくない、きっと覚えてる」とは思っていても時間が経つと忘れてしまう、そんな悲しい気持ちが推測できます。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

シーン②:君のことは忘れていない、と思いたい

追いつけないまま大人になって
君のポケットに夜が咲く
口に出せないなら僕は一人だ
それでいいからもう諦めてる

だけ

ヨルシカ「ただ君に晴れ」より引用

君に追いつけないまま、僕は大人になった。
時間が経つにつれて、君との思い出を少しずつ忘れていってしまう。
君との思い出を言葉にしなかったら、僕は一人だ。
でも、言葉にしなくてもいいから、もう諦めてる。
ただ、それだけ。

「大人になるまで背伸びをしていた」状態から、主人公一人だけが大人になってしまいました。
君のことをこれ以上は思い出せないから、もうこのままで良いと主人公は諦めてしまっています。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

シーン③:君のことを何度も思い出す

夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識
記憶の中はいつも夏の匂いがする

写真なんて紙切れだ
思い出なんてただの塵だ
それがわからないから、口を噤んだまま

絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ

ヨルシカ「ただ君に晴れ」より引用

夏日、乾いた雲。山桜桃梅(ユスラウメ)に、錆びた標識。
君と遊んだ記憶は、いつも夏を思い出させる。

「写真なんて紙切れで、思い出なんてただの塵だ。」
それが心では理解できていないから、君のことは口に出せない。

記憶の中では、よく君のことを思い出してしまうのに。

ここでは「君との写真や思い出なんてどうでも良い」と思いつつも、心では理解できていないために、君のことを思い出し悩む主人公の気持ちが描写されています。

また「絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ」は、正岡子規の俳句「絶えず人いこふ夏野の石一つ」がもとになっています。
「夏に、通る人が必ず腰をおろして休んでいくちょうど良い石があった。」という意味です。

つまり歌詞に当てはめると「君のことを何度も思い出してしまう」という意味になります。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

シーン④:君のことを忘れたいのに、忘れられない

俯いたまま大人になって
追いつけない ただ君に晴れ
口に出せないまま坂を上った
僕らの影に夜が咲いていく

ヨルシカ「ただ君に晴れ」より引用

君のことを忘れられず、気持ちが俯いたまま大人になった。
何をしても、亡くなってしまった君には追いつけない、ただ君に幸あれ。
君がいなくなった辛さや寂しさを口に出せないまま、僕はつらい時期を乗り越えた。
僕らが一緒に遊んだ思い出も、時期に薄れていってしまう。

君がいなくなったつらい気持ちを乗り越えた主人公は、ようやく君のことを割り切ることができたのでしょうか。
君のことや一緒に遊んだ大切な思い出等も、次第に薄れていってしまいます。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

シーン⑤:君の記憶と一緒にいる

俯いたまま大人になった
君が思うまま手を叩け
陽の落ちる坂道を上って
僕らの影は

追いつけないまま大人になって
君のポケットに夜が咲く
口に出せなくても僕ら一つだ
それでいいだろ、もう

君の想い出を噛み締めてるだけ

ヨルシカ「ただ君に晴れ」より引用

君のことを忘れられず、気持ちが俯いたまま大人になった。
君が思うように、明るい気持ちで生きていかねばならないとわかってはいるものの、なかなかそうはできない。
陽の落ちていく坂道を登りきったら、僕らの影が見えなくなってしまうように、思い出が薄れていく。

亡くなってしまった君に追いつけないまま、僕だけが大人になって、君との思い出はだんだんと薄れていく。
君のことを口に出せなくても、僕らは一緒にいる。
深く考える必要もない、もうそれでいいだろう。

君との記憶を思い出して、噛み締めてるだけ。

ラストサビでは「記憶とは時間が経てば薄れてしまうものだから、君との記憶すべては思い出せなくなってしまっても、仕方ない。一部分でも覚えていれば、それで良いのだ。」と前向きに考えられるようになった主人公の気持ちが描写されています。

「ただ君に晴れ」の考察はいかがだったでしょうか。
大切な人がいなくなってしまっても、自分の中では生きているから大丈夫。

そんな曲がヨルシカの「ただ君に晴れ」なのだと考察しました。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

「ただ君に晴れ」は、ヨルシカの2ndアルバム「負け犬にアンコールはいらない」に収録されています。

「ただ君に晴れ」以外のヨルシカの曲も聴いてみてくださいね。

 

「ただ君に晴れ」歌ってみたおすすめ3選

「ただ君に晴れ」はTikTokで人気が出てから、多くのカバー動画が上がっています。
そこで次に「ただ君に晴れ」の歌ってみたおすすめ3選を紹介します。

「ボカロPまとめ」 kowaka

「ただ君に晴れ」歌ってみたおすすめ3選
  • おすすめ①:ただ君に晴れ / ヨルシカ /YORUSHIKA – Tada Kimi ni Hare (Covered by コバソロ & 藤川千愛)
  • おすすめ②:ただ君に晴れ / ヨルシカを宇野実彩子(AAA)が歌ってみた!
  • おすすめ③:【歌ってみた】ただ君に晴れ / ヨルシカ(Covered by 佐藤ノア)

 

おすすめ①:ただ君に晴れ / ヨルシカ /YORUSHIKA – Tada Kimi ni Hare (Covered by コバソロ & 藤川千愛)

 

おすすめ②:ただ君に晴れ / ヨルシカを宇野実彩子(AAA)が歌ってみた!

 

おすすめ③:【歌ってみた】ただ君に晴れ / ヨルシカ(Covered by 佐藤ノア)

「ただ君に晴れ」は音の高低差が激しく、地声と裏声の切り替えが必要な難しい曲です。
しかし上手に歌っている人は、その分魅力的に聴こえるのが「ただ君に晴れ」です。
本家ヨルシカとの違いも楽しみながら「ただ君に晴れ」歌ってみたを聴いてみてくださいね。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

 

ヨルシカの他の曲については、以下の記事で詳しく考察しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「ボカロPまとめ」 kowaka

 

まとめ:「ただ君に晴れ」はいなくなった君を想う曲

この記事では、「ただ君に晴れ」の歌詞の考察を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、「ただ君に晴れ」歌ってみたおすすめ3選も紹介しました。

今回の記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「ボカロPまとめ」 kowaka

「ただ君に晴れ」歌詞の意味を考察してみたまとめ

「ただ君に晴れ」歌詞を考察してみた

  • パート①:君のことを突然忘れてしまった
  • シーン②:君のことは忘れていない、と思いたい
  • シーン③:君のことを何度も思い出す
  • シーン④:君のことを忘れたいのに、忘れられない
  • シーン⑤:君の記憶と一緒にいる

「ただ君に晴れ」歌ってみたおすすめ3選

  • おすすめ①:ただ君に晴れ / ヨルシカ /YORUSHIKA – Tada Kimi ni Hare (Covered by コバソロ & 藤川千愛)
  • おすすめ②:ただ君に晴れ / ヨルシカを宇野実彩子(AAA)が歌ってみた!
  • おすすめ③:【歌ってみた】ただ君に晴れ / ヨルシカ(Covered by 佐藤ノア)

「ただ君に晴れ」は、ヨルシカの楽曲を代表する人気曲です。
歌詞の意味を知ってから、改めてもう一度「ただ君に晴れ」を聞いてみてください。

「ボカロPまとめ」では他にも、ボーカロイド曲の歌詞の意味や考察を紹介しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「ボカロPまとめ」 kowaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です